平成の思い出・令和はさらに大きな幸福へと向かう時代へ

今日は2019年4月30日(火・祝日)平成最後の日。

こんな日にラジオ出演をさせていただき、なんともありがたい日になりました。

と同時に、「私の平成時代」を振り返ってみることにしました。

 

はた ひろ美の平成時代

 

はた ひろ美の平成時代…

 

誰が興味あるねん!!!

 

というツッコミは置いておいて。。。(笑)

 

ふだん、そんな機会はなかなかないので、自分史を振り返っていきたいと思います。

 

平成元年1989年は12歳だった

私は福岡で生まれました。

12歳の小学校6年のときは柳川市の小学校へ通っていました。

どんな子どもだったかというと、、、

 

体育が苦手で

登校拒否をしている問題児でした。

 

校長先生も家に迎えに来るほどの問題児。

 

そんなころ、家の都合で

大阪府岸和田市に引っ越しすることになりました。

 

平成元年11月2日から大阪府岸和田市で暮らし始める

忘れもしない11月2日。

大好きだった光GENJIの佐藤寛之君の誕生日に福岡からフェリーで大阪に来ました。(知らんがなっ!(笑))

 

中途半端な時期の転校生。

 

しかし、大阪は人見知りの私をやさしく受け入れてくれました!

 

じつは私、柳川市のとき小学校時代に3回も転校を経験していました。大阪も合わせると4回ですね。

 

柳川市のときは、転校するごとに慣れるまでに時間がかかって「友達ができない・・・」とよく泣いていました。

 

が、大阪に来て転校初日、

私の机の周りにクラスのみんなが集まって来てくれました!!!

 

  • 大阪の人は人懐っこい
  • おもしろい
  • 楽しい

 

そのことに助けられて登校拒否もせずに中学・高校と通えました!!!

 

おもにマンガを描く学生時代

どんな学生だったかというと、

ホラー漫画を描く学生でした(笑)

 

かわいい系のイラストではなく、実写っぽいリアリティーな画風が好きでした。

 

そして、人気のモノは避けて、

マニアっぽいものを好む。

 

そんな子でした。

 

いわいる。

変わってます!!!(笑)

 

米米CLUB・お笑いにハマる!

大阪に来てから「水を得た魚」のように楽しんでいたのを覚えています。

けっこう家庭環境が複雑だったので、暗くなりがちでしたが、

その頃ハマった、

  • 米米CLUB
  • お笑い(2丁目劇場)

のおかげで「笑い」のパワーで元気になれたんだと思います。

 

米米CLUBはファンクラブに入りコンサートも行って、休みの日は友達とビデオテープを観て踊る。

メッセンジャー・2丁拳銃・中川家にはまって2丁目劇場へ行きまくる。

 

心霊体験にもハマって、冝保愛子さんの本を穴が開くほど読んでいたなあ^^(笑)

 

そんな中学高校時代でした。

 

高校卒業後に再び福岡へ引っ越し

親の都合で、高校卒業と同時に再び福岡へ引っ越しすることに。

 

嫌で嫌で仕方がなく反発してたのを覚えています。

 

そりゃそうですよね。

 

友だちもみんな大阪ですもん。

 

だけど、結局親と一緒に福岡へ行くことに。

 

謎の体調不良が続いた福岡での暮らし

高校卒業後、福岡に住むと

よく高熱を出して病院で点滴をするようになりました。

 

原因不明の発熱が続きました。

 

「水が合わない・・・」

 

そう感じていました。

 

ひとりで大阪に引っ越し→結婚→長女・長男出産→離婚→再婚

体調不良が続き、

大阪に未練がたくさんあって、

「ちょっと大阪に遊びに行ってくる~」

と親に告げ、

そのまま大阪に住む。

 

という強行突破を実行。

(詳しいことやいろんなご意見は個別メッセージで(笑))

 

その後、

はじめの結婚・長女、長男出産・離婚・再婚

と過ごしました。

 

最高の再婚を果たした私!!!

両親を亡くし、その後シングルマザーで二人の子供を育てていました。

そのときに今の主人と出会いました。

 

運命の出会い!!

 

可愛い次男にも恵まれて、

起業し、仲間にも出会えました!!!

 

育った環境を浄化する

ここでは描ききれない(今は書きたくない)ほどの幼少期の過去があります。

しかし、ここ最近になって

やっと

全て受け入れることができています。

それは、

主人はじめ、主人の家族のおかげ。

 

愛情をたくさん注いでくれているのが実感できます。

 

だからこそ、

 

私の今までの経験を生かしてなにか役に立てないか?

と思えるようになりました。

 

仲間・出会う人たちのおかげ

その大切な家族が住む松原市。

たまたま松原市だったのですが、そこで深い仲間との出会いがありました。

 

coicoi実行委員会メンバー

 

それも松原市のチカラが大きくあります。

 

明日から令和の時代へ。

 

ますます希望が叶う時代になると確信できます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*